夢を見たって良いんじゃない? -Blog

  「夢を棄ててはいけない。
      夢がなくても、この世にとどまることはできる。
         しかし、そんな君はもう生きることをやめてしまったのだ。」

                              作家 マーク・トウェイン

こんにちは!

 

実は僕、以前より不整脈があるような気がしていたのですが、最近症状が酷く、通院治療した結果「カテーテルアブレーション治療」を受けることになりました。ほぼ初めての入院&手術でいろんな不安や分からない事が多く、ネットで調べても僕が知りたい事はあまり書いている人がいなかったので、僕が知りたかった事、不安だった事を中心にブログに書く事にしました嬉しい

 

ということで、入院当日です!

午後、入院手続きを済ませたら病室に案内された後、別の部屋で手術前までの間装着する「ホルター心電図」を取り付けてもらいました。そして病室に戻り寝巻きに着替えると、いよいよ第一の関門です。

 

そう、それは・・・「剃毛(ていもう)」ですびっくりDocomo_kao20

 

カテーテルを挿入する部分の体毛を剃る「剃毛」ですが、病院によって看護師さんがやる、自分でやるなどまちまちのようなので、今回の病院がどういうパターンなのかが「大変大きな問題」になってくる訳です汗(笑)

 

僕が入院した東海大学医学部付属病院は若い看護師さんが多く、案の定「剃毛」の準備をしてきたのは若い女性の看護師さんでしたびっくり 持ってきた電気剃刀に消毒済みだろうと思われる刃をビニールの袋からだし装着している間、この後どういう展開が待っているのかドキドキです!そして、準備のできた看護師さんから質問されます。

 

(看)「剃毛はされたことありますか?」

 

(僕)「ありません。」(きっと多くの人がそうだと思います(笑))

 

(看)「普段は男性の看護師がやるのですが、今居ないのでご自分で

    やることはできますか?」

 

(僕)(えっ、普通は男に剃られるの⁉)

   「どうすればいいですか?」

 

(看)(自分の足の付け根あたりを両手で”コマネチ”のようなポーズで)

   「ここの足の付け根の折れ曲がる部分を中心にこういう風に

    まーるく剃ってください。」

 

(僕)「分かりました、頑張ってみます(笑)」

 

どうやら、この病院では男性の「剃毛」は男性の看護師が剃るそうで、お年寄りだと女性の看護師さんが剃ることもあるらしいのですが、大抵の男性は女性の看護師さんに剃られることを嫌がるようです。

 

(知り合いの看護師さんの話では女性の看護師さんに剃られると九割の男性が顔が真っ赤になるそうです。当然ですが、看護師さんは仕事なので特にどう思うこともないようです(笑))

 

とは言うものの、男性の看護師さんに剃毛をしてもらうのはもっと抵抗があるので、自分でやることになってホッとしました(笑)

「剃毛」をする部分は下の絵のような感じです。ただ、面倒なので下腹部全部剃毛する方もいるようで、手術後圧迫止血をするためにテープでガチガチに止めるので、全部剃っちゃってもいいのかも知れません。

(※ 病院や術式に寄って違うと思うので、実際にはその場の看護師さんなどの指示に従ってください。)

 

こうして最大の難関の一つ「剃毛」は特に問題なくクリアーできましたグッド

 

そして、ナースセンターに無線で繋がる心電図を着けました。これは割と大きめな送信する四角い箱状の器具があり、それを入れて肩からかける手作り風のポシェットのようなものを貸してくれたのですが、大きめのポケットのついた寝巻きだとポケットにその器具を入れられるので楽だと思います。

 

その他に栄養や水分(その他?説明を受けたと思うのですが、詳しく覚えていません汗)の点滴をつけて、夕食を食べました。

 

そして、明日の手術に関わる先生方の回診があり、その後、不整脈がある人は無呼吸症候群の人も多いのでということで、業者方が無呼吸症候群の検査をする器具を装着してもらい、管と線に包まれて就寝しました汗(笑)

 

<この日に装着して寝たもの>

 

1. ホルター心電図

2. ナースステーション用心電図

3. 点滴

4. 無呼吸症候群検査キット

 

<持参したもの>

 

1. 寝巻き(下記の写真ように袖口が広く、大きめのポケットが付いたもの。前が開けやすいものを選びました。)

 

2. サンダル(下記の写真の転んだり、滑ったりしにくそうで脱ぎ履きしやすそうな物を選びました。)

 

3. 洗面道具(歯磨き粉・歯ブラシ・タオル)

 

4. スマホの充電ケーブル

 

 

 

(※ このブログは、カテーテルアブレーションの治療やそのための入院をする際に、僕自身が分からないことや不安に思ったことが多く、そうした方の参考になればと思い書いたものなので、実際の入院や準備は病院の指示に従ってください。)



同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック